スマホニュース

角川アスキー総合研究所による「スマホでのコンテンツ視聴に占める広告の比率調査」

調査結果の要点
・スマホでコンテンツを視聴する際の、データ転送量の約4割が広告
今回調査した15の主要なコンテンツサイトの多くで、そのデータ転送量の半分以上を広告が占めていました。調査した15サイトの単純平均では、全データ転送量のうち約44%が広告と推計されます。これらの結果と、データ通信量の単価やWeb、SNS、動画サイト、メールといった項目ごとの利用時間・データ転送量等から類推すると、4人家族全員がスマートフォンを持っている場合、月々のデータ通信料金のうち約2,900円ぶんを広告のデータ転送に費やしていることになります。

・画像データが主体だが、データ転送量全体では動画広告の比率が高い
データ転送量の内訳を見てみると、多くのコンテンツサイトは、JPEGやPNG、GIFといった画像データで広告が構成されています。一方、動画共有サイトや一部のポータルサイトではMP4動画が広告として表示され、そのデータ転送量が大きいため、広告のデータ転送量全体では、動画広告がかなりの比率を占めていると考えられます。

Access

「スマートフォン倶楽部FPdoor」でご一緒に楽しく学びましょう!

概要

店舗名 マエダFPオフィス
住所 東京都中央区晴海1-6-1-1704晴海ビュータワー1号棟
電話番号 03-3534-8260
営業時間 10:00~17:00
火・土日は出張サポート・出張コーチングを承ります。
定休日 土曜日 日曜日
最寄り 月島駅徒歩8分

アクセス

東京のFP事務所・マエダFPオフィスは、保険ライフプラン、税金・年金や不動産投資のこと、ガラケー(ケータイデンワ)やスマホのことをZOOMでお伝えしたり、ご一緒に学ぶ「スマートフォン倶楽部FPdoor」に集約して、地域の方や「戦略的に将来に備えたい方」が、安心感のある暮らしができるようサポートします。詳しくは「お問い合わせ」してください。
Contact

お問い合わせ